来訪者の掲示板

6254
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ブルックナー6番 - ムーティの

2017/06/25 (Sun) 00:26:41

ムーティのブルックナーは、4番のほか、6番も正規録音され、4番・6番カップリングの廉価2CDも発売されていました。(現在は廃盤で、再発売が待たれます)
非正規盤は、同じころのライブ録音と思います。

http://karajan2.blog101.fc2.com/blog-entry-1198.html

http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC-1824-1896_000000000019429/item_%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC%EF%BC%94%E7%95%AA%E3%80%8E%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%8F%E3%80%81%E7%AC%AC%EF%BC%96%E7%95%AA%E3%80%80%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%EF%BC%86%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%A3%EF%BC%A4%EF%BC%89_4095905 (URLが長くてすみません)

Re: ブルックナー6番 - ムーティの

2017/06/27 (Tue) 12:39:57

ぶしつけな指摘、失礼しました。ごていねいな対応ありがとうございます。
そうすると、ムーティの正規録音は4・6・9。ライバルのアバドは、1・4・5・7・9でしょうか。
ラトルも4・9で、最近8番のライブが出ましたか。ブルックナーの場合、各指揮者のレパ選択に違いがあり、面白いです。

Re: ブルックナー6番 加藤 幸弘 URL

2017/06/25 (Sun) 08:13:52

ご教示ありがとうございます。

ムーティーとベルリンフィルは1988年1月に第6番をEMIに録音し,その年のうちにCDやLPが発売されていましたが,その後再発売もされず,ご紹介いただいた2枚組が唯一の再発売かもしれません。私としても発売当時から知っていたはずなのですが,すっかり失念しておりました。

HPの雑談の方に訂正の追記をさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

UHQCDの音質について - BCNR

2017/03/10 (Fri) 16:06:18

加藤様
いつも大変面白く当サイトを拝見させて頂き、また貴重な情報ありがとうございます。

処で、以前、加藤様が言及しておられたUHQCDの音質についてはどうでしたでしょうか。
私はカラヤンのブル5でSHM盤と比較しましたが、中高域はSHMと同様出ているものの、より低域がハッキリしている様で、全般的にSHMよりも厚みがわずかに増し、聴き易いように思えました。
しかし、やはりSACDのような根本的な音質の改善には程遠いというのが私のUHQCDの感想です。

加藤様のUHQCDに対する感想を頂けたら幸甚です。特に一連のフルトヴェングラーシリーズン等々・・・

Re: UHQCDの音質について - temp

2017/06/19 (Mon) 22:50:37

つまりUHQ-SACDシングルレイヤー音匠仕様で出れば(樹脂系ディスクでは)最強となりましょうか

Re: UHQCDの音質について - BCNR

2017/03/20 (Mon) 23:11:39

加藤 様

大変お忙しい中、ご返信ありがとうございました。

私もUHQCDには、加藤様とほぼ同じ感想を抱いております。
特に加藤様の「オリジナルが16ビットPCMの録音に対してはUHQCDが最善」というお言葉はまさに至言と思います。

どうもありがとうございました。

Re: UHQCDの音質について 加藤幸弘 URL

2017/03/19 (Sun) 21:30:26

BCNR さん

UHQCDに関しては種々入手もしており,それについて書き込もうと思っているのですが,なかなか手が回らないのが現状です。

私自身は基本的に次のように整理しています。

1 UHQCDの音質は,音の不要成分が抑えられて,マスターの音源の情報をストレートに聴けるといった傾向の音であり,CDの音質としては最高クラス

2 オリジナルが16ビットPCMの録音に対してはUHQCDが最善

3 ただし,UHQCDであっても,元のマスターの音よりも良くなるわけではなく,特に国内盤の場合は,あまり音の良くないマスターを使用している場合があり,その場合はUHQCDであっても,既出CDの音質に及ばないことがある

4 アナログ録音やハイレゾ録音などの高音質録音は,SACDやハイレゾファイルの方が遥かに高音質なので,UHQCDは最善ではない


例えば,究極の高音質CDとして昨年発売された,ルビジウムクロックカッティング音匠仕様プラチナSHM-CDの音は,肥大化傾向にあるのに対し,UHQCDは余分なものを削ぎ落としてシェイプアップされた音のように思います。

フルトヴェングラーのUHQCDも全点入手していますが,まだ十分聴けていません。これについても,いかにUHQCDであっても,元の音源よりも良くなるわけではなく,昨年,フルトヴェングラーとクナッパーツブッシュのワーグナーの「指輪」全曲がSACD化されましたが,元のマスターの音の限界で,SACD化のメリットはあまり感じませんでした。

追伸 - 戴流庵 URL

2017/02/12 (Sun) 23:56:05

ついでにオリジナルLP以来のアルバムタイトルですが、"Wiche's Brew"ではなく"Witches' Brew"、『魔女の秘薬』という感じでしょうか?

Re: 追伸 - もうすっかり

2017/06/19 (Mon) 12:41:08

もうすっかり英語を忘れてしまいましたが、原義に正確に言えば、「魔女たちの秘薬」と複数形になるのでしょうか。複数作曲家の作品を収録していますし。作曲家は男性なので、「魔法使いたちの秘薬」となりますか。
言い出すと、「brew」には「秘薬」という明確な意味はないようですね。LPジャケットや「(ビールの)醸造」から「秘薬」としたのでしょうが、「企み(たくらみ)」「企て(くわだて)」というあたりでしょうか。どうでもいいですが。

このLPより後の作品ですが、マイルス・デイヴィスの代表作の1つ「ビッチェズ・ブリュ」は、上のコンマ(アポストロフィと言うんでしたっけ)が入ってないので面白いですね。
「あばずれ女は悪だくみする」という邦訳をつけて知られていますかね。「いかす女は最高!」というスラングだという説もありますが。

Re: 追伸 加藤幸弘 URL

2017/02/13 (Mon) 23:15:19

ご指摘ありがとうございます。

さっそく修正いたしました。

ちなみに,Witches' Brewは魔女の秘薬→恐ろしい混合物としていました。

質問 文福

2017/06/19 (Mon) 09:02:55

毎日、楽しく拝見しています。特に音質面への評価は購入の際の重要情報としております。 一つ質問ですが、ドイツ・グラモフォンの演奏者との契約には世界発売と地域発売といった種別があるのでしょうか。過去には、日本のみでの発売を条件として、アルヒーフレーベルと契約をした演奏者がいたと思います。

マルテイノン 悲愴 - アベレージゴルファー

2017/02/12 (Sun) 11:51:50

浜氏のオーデイオの切り口からの投稿を興味深く拝読しました。再生装置、フォーマットの違いから、同じ演奏が異なって聞こえることは、オーデイオマニアなら常識とも言えますが、実際の演奏の姿に近い、演奏の特色がより明瞭になったと思われると書かれたSACDの感想が、再生装置等でこれほど違って聴かれるとなると、パッケージソフトに刻印された演奏の真実は決めつけられませんね。確かに、自分の装置だとこう聞こえるというのがせいぜいでショウ。私も、16畳のリスニングルームで低音から超高音まで4ウエイ自作スピーカーをマルチアンプでドライブし、大音量で聞いていますが、友人たちの持参したCD等は友人宅での音、演奏とはすこぶる違って聞こえるそうです。こんな演奏だったのか、このような音なのかと感想を漏らします。私も昔、大和市の某世界最高と評されるスピーカーメーカー宅によく訪れ聴かせて頂き、このレコードはこのような音がし、このような演奏だったのかと驚嘆した覚えがあります。浜氏は、自分の感想が一般的で、加藤氏のそれが限定的とは書いておられませんよ。皆それぞれで、このSACDは演奏の真実の姿に近く、その演奏はこうだと言い切るのは、オーデイオマニアならできないこととお感じになられたのでは?私は、生の演奏の現場が仕事ですので、毎日演奏を聴いています。ソロから室内楽ぐらいまではいわゆる音量その他で原音再生を実現していますが、それでも、出来上がったCD等を再生しても、自分が現場で聞いていたピアノの音、演奏の真実にたどり着いているのかは分かりません。本物のオーデイオマニアは、オーデイオには言及しないものです。ゴルフのプロ、シングルプレーヤーは、アベレージゴルファーにゴルフの話をしないものだと聞きます。

Re: マルテイノン 悲愴 - ゴルフについて

2017/06/18 (Sun) 11:31:33

ゴルフのプロ、シングルプレーヤーは、ゴルフが好きなので、アベレージゴルファーとだって、ゴルフの話はします。
ただ、相手を見て、話が通じる相手か、会話が成り立つかどうかを見ているのでしょう。
オーディオの世界だって、他の分野だって同じです。
ホールでの生オケの音を、自宅で「原音再生」したら、大変なことになります。
むしろ、それぞれの自宅部屋に応じた「再生」が重要と思います。生演奏にも、記録された音楽にも、それぞれのよさ、楽しみ方があると思います。

Re: マルテイノン 悲愴 - キリン

2017/02/19 (Sun) 23:10:20

オーディオマニアに本物も偽物もありませんし、優劣もありません。
感じ取ったものをそのままブログに書く、それでいいのです。これに対して反論してもなんの意味もありません。

ニレジハージの新盤 Sonetto Classics URL

2017/04/19 (Wed) 21:54:09

おしらせです。

「失われた天才」アーヴィン・ニレジハージが9番目の妻を救うために1972年に行った復帰コンサートのライブ盤を、新発見のテープから制作しました。没後30周年の4/8に全世界同時発売しております。

今回のアルバムは、ニレジハージのMusic and Arts盤から10年ぶりの公式録音となります。ケヴィン・バザーナも書き下ろしライナーノーツ、およびプロジェクト・アドバイザーとして参加しております。

以下に情報を掲載しております。

http://tower.jp/item/4484278
http://sonettoclassics.com/recordings.html
http://fugue.us/Nyiregyhazi_top.html

Re: ニレジハージの新盤 加藤 幸弘 URL

2017/04/22 (Sat) 23:57:49

ご紹介ありがとうございます。

このニレジハージのCDはすでに入手していたところで,本日の雑談で紹介させていただきました。

http://classicalcd.la.coocan.jp/etcetera/201704.htm#201704221

このCDはvol.1となっているので,続編のリリースを期待しています。

バイロイトの第9 - 土屋

2017/03/17 (Fri) 11:06:12

初めての書き込みです。よろしくお願いします。
首題(件名)で検索して貴ページにたどり着きました。
コレクションの豊富さにただただ感銘を受けました。
処で加藤様は同演奏のグランドスラム疑似ステレオ盤
(GS-2084)は聴かれたことはありますか?
もし聞かれていたら他の盤との比較でどのような位置
づけに評価されるかお聞かせ願えれば幸いです。

ギブソンの米RCA/DECCA録音 - 戴流庵 URL

2017/02/12 (Sun) 10:17:50

ギブソンのWitches' Brewは、元のタイトルを残したままグノーの録音をカップリングして、2008年にELOQUENCEシリーズで発売されたことがあります。裏ジャケットの表記によると、この盤がFIRST INTERNATIONAL RELEASEとなるのはタム・オ・シャンター、こびと、ファウストだけのようです。廉価盤などでバラ売りされて、気付きにくい音源だったのかもしれませんね。

Re: ギブソンの米RCA/DECCA録音 - ベアベア

2017/02/24 (Fri) 05:01:37

横から失礼いたします。
個人が無報酬でやっておられるサイトなのですから、完璧な調査など求めるほうが変ですよね。(笑)

加藤さんが「身銭を切って」提供してくださる情報、加藤さんの感性で率直に述べてくださる感想はとても貴重です。なお、「なんちゃってSACD」についての感覚は、所持している盤(少ないですが)については一致していることが多いです。

今後とも、ご健筆に期待しております。

Re: ギブソンの米RCA/DECCA録音 加藤幸弘 URL

2017/02/19 (Sun) 15:46:37

戴流庵さん

先日はご教示ありがとうございました。

その後,改めて既出CDのことを調査し,判明した結果を本日の雑談に書き込ませていただきました。

http://classicalcd.la.coocan.jp/etcetera/201702.htm#201702191

今回の件は手抜きをしてしまったと反省しております。今後ともよろしくお願いいたします。

Re: ギブソンの米RCA/DECCA録音 加藤幸弘 URL

2017/02/12 (Sun) 12:39:56

戴流庵さん

ご教示ありがとうございます。

全くの調査不足で,ELOQUENCEシリーズで発売されていたとは認識していませんでした。

他にも発売されていたことがあるようで,調査が一段落したところで雑談の方に追記したいと思います。

私のHPの記載は,調査不足や誤りなどが多々あって,全くお恥ずかしい限りですが,今後ともお付き合いいただければ幸いです。

マルテイノン 悲愴 - 浜 恒夫

2017/01/25 (Wed) 16:12:56

今回貴兄の感想を読みまして驚いたことは、聴いた人それぞに異なった印象を抱くという一般論よりも、フォーマットの差、再生装置の違いということからこれほどまでに演奏について異なる感想を持つものかということです。今回のSACDが最もオリジナルマスターテープに近いかどうかは知りませんが、該SACDを異なる再生装置で聴かれたなら印象も違うのかもしれません。某専門誌では、「表現が豪快で激しい。曲内容を深く掘り下げるような表出性の高い表現できわめて情熱的」と書かれており、これは私がアナログで聴いている感想と同じです。CD(SACD等)での演奏についての感想は、当然のことながら「自己の再生装置では」という限定的なもので、一般化は出来ないものと、オーデイオマニアの端くれとして常々思っているところです。

Re: マルテイノン 悲愴 まこちゃん

2017/02/06 (Mon) 20:47:30

 私には、浜氏の意見がどうも解せません。某専門誌の意見とあなたが聴いている、スーパーアナログレコードの感想が同じだったので、ご自分の感想が一般的で加藤さんの感想が限定的だとおっしゃっていますが、あなたの感想だって「自己の再生装置では」という限定的なものです。某専門誌だって、今時昔のレコードを引っ張り出して聴いて、感想を書いているはずがありません。マルティノンのSACDの感想が書いてあったのです。たまたま、あなたの意見に似た感想を持った評論家がいたと言う事ではありませんか。それに同感されてご自分が気持ちよくレコードをお聴きになるのは構いませんが、それが一般的で、加藤さんの意見が限定的だというのはというのは如何かと思います。私も、スーパーアナログディスク(以前のラボラトリーシリーズより良い)は好きで40枚余り(オペラのセットも含む)ありますが、特にキングレコードのソースは、ユニヴァーサルに移されてから高域寄りの軽めの音になり、スーパーアナログディスクの音の方が好きなのが多いです(全部好きという訳でなく是々非々です)。私もオーディオファンの端くれですが、レコードだってカートリッジ交換でその演奏の印象が変わることがあります。CDにせよレコードにせよ、所詮再生装置によって限界があるのが当然ことではありませんか。私も、加藤さんの意見に100パーセント同感ではありませんが、あの豊富な知識・情報には参考にさせて頂く価値があります。CD購入の際の参考に、そして何か調べる際の資料として10年余り読まして頂いています。因みに私は、マルティノンの演奏は普通のレコードの頃聴きましたが、あまり自分の好みでなく手放し(今聴けば違うかもしれませんが)、今「悲愴」で好んで聴いているのは、ブルーレイの小沢~ベルリンフィル・フリッチャイの2種類です。

サイト開設17周年御礼 加藤幸弘 URL

2017/02/04 (Sat) 15:22:28

日頃当サイトをご訪問いただきありがとうございます。

おかげさまをもちまして,2000年2月3日に当サイトを開設してから17周年を迎えることができました。

この間,東日本大震災もありましたし,昨年にはサイト引っ越しという大きなイベントもありましたが,これまで続けてこられたのは当サイトを訪問して下さっている皆様のおかげです。改めてお礼申し上げます。

サイト開設当時と比較すると,現在はネット環境も大きく変わってきていて,個人のホームページのサイト運営は下火となり,ブログが隆盛を極め,さらにはSNSが個人の情報発信の中心となっています。そのせいか,当サイトの訪問者数もピーク時の3分の2程度にまで落ち込んでいます。

とはいえ,所詮は個人の趣味のサイトであり,これからも興味の赴くままに続けていこうと思っておりますので,今後ともお付き合いいただければ幸いです。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.